ふじみ野市「市沢カイロプラクティック」は、弁天の森近く。「カイロプラクティック/整体」と「ほぐし」で、腰痛・頭痛・肩こり等を改善。



市沢カイロプラクティック
〒356-0057
ふじみ野市市沢2-8-17-102
TEL:049-293-7909
受付時間
火曜~土曜9:00~21:00
日曜・祝日9:00~17:00
月曜定休

relo_cliub

福利厚生倶楽部優待提携店

やっぱり根っこが大事です

いつもの通勤コースに畑の横を通る道を何度か通るのですが、

ふと思ったことがあって当院に来られている農家の方に聞いてみました。

(現在は枝豆を生産出荷されています)

 

自)「畑っていつも土が乾いてる感じがするのですが、水はやらないんですか?」

そうしたら、なんと

農)「植え付けしたらほとんどやらなよ。最初に水を含ませて植え付けしたらそのままだね。」

農)「まぁ~もし水やりするとしたら、クタっとなった時とか夕方に少しやるくらいかな。」

自)「そうなんですか?!そんなんで大丈夫なんですか?」

農)「あんまり水やっちゃうと(特に昼)日光浴びて土が固くなっちゃうんだよ!」

農)「そうするとさ、固くなった土じゃ根っこが育ちにくくなるんから、育ちが悪くなるんだよ。」

農)「根っこがしっかり育たなきゃ良いものができないからね!」

自)「…!! そうですよね!根っこですね!」

いやぁ~いつも自分が患者さんに言ってることそのまんまでした…。

 

身体も同じ、根っこが大事です!

身体でいえば、

○骨格なら土台である骨盤

○免疫の要であり、脳内ホルモンであるセロトニンの90%がある腸

が根っこにあたると思います。

 

それとこんなことも

農)「あんま水やって甘やかすと貧弱になるし病気にもなりやすい。一番は美味い(良い)のができない」とも

これもまた、ヒトと同じ。

子育てもそうだと思いますが、あんまり甘やかせばダメだし、

身体でいえば本来備わっている自己治癒力を働かす前に薬や他のもですぐ補ったりしていては強くなりません。

《身体は外から補われることが続くと「自ら生成・分泌しなくても良い」と判断しなくなってしまう》

 

植物もヒトもみな同じ

○綺麗な花や葉、美味しい実をつけるには…

○心身ともに本当の健康と美を手にいれるには…

 

「根っこが大事です!」

*表面的なものではなく、根っこ(身体の中)からということです。

 

以前もこんなこと書きました。

「クモの巣…」←ここ

 

痛みだけではなく、日頃感じるさまざな体調不良(自律神経系・免疫機能系)も

東武東上線 ふじみ野駅 鶴瀬駅 /ふじみ野市・富士見市・三芳町・川越市・狭山市・所沢市・さいたま市

弁天の森、東原親水公園の近く、ふじみ野市市沢にある

Healing&Care 市沢カイロプラクティックにご相談ください。

寝返りしてますか?

しっかり寝て休んだはずなのに朝起きた時に

「頭が痛い・重い」・「首・肩が凝る・張る・痛い」「背中が張る・痛い」「腰が痛い」など

朝起きた時が辛い…

そんな話しも聞くことが多いです。

原因は色々あるのですが、普段あまり気にしていないことが原因となることもあります。

その一つとして寝返りがあります。

通常、寝返りは一晩に20~30回位すると言われています。

当然ですが、寝入っていまうと自分が寝返りをしてるかどうかは確認できないですが、朝起きた時の布団の乱れ具合でなんとなくは分るのではと思います。

 

役割として、

関節や筋肉などの補正・血液や体液循環の改善などを促しています。

実は寝ている時というは立っている時と違って、頭~足方向へ圧力(重力)を受けていなので、身体全体は不安定な状態にあります。

寝返りはそれ以上の負担が掛からないようにする役割とも言えます。

朝、起きた時に「夜寝たままと同じ状態で、布団の乱れもない」なんて方もいらっしゃると思いますが、身体にとっては寝返りした方が良いんです!

話しを伺っていく上で、聞くことがありますが、

「寝返りができる環境で寝ていますか?」

もしかすると、普段の寝ている状態や状況が寝返りがしづらくさせているかもしれません。

たとえば、

○布団やベッドを長年同じものを使っていて形が身体の形状に沈んでいる

○布団やベッドがふかふか(柔らか)過ぎる

○同じ布団やベッドで一緒に寝ている方がいて、気を使っていつも同じ体勢・向きになってしまう

○ペットと一緒に寝ていて身動きが取りづらい

○寝具で以外(ソファ・イスなど)で寝てしまう

など。

 

もし、これらに当てはまる方は一度寝る時の環境を見直してみると良いと思います。

身体の不調は日常のなんてことないことが積み重なって引き起こすことが多いですら。

 

痛みだけではなく、日頃感じるさまざな体調不良(自律神経系・免疫機能系)も

東武東上線 ふじみ野駅 鶴瀬駅 /ふじみ野市・富士見市・三芳町・川越市・狭山市・所沢市・さいたま市

弁天の森、東原親水公園の近く、ふじみ野市市沢にある

Healing&Care 市沢カイロプラクティックにご相談ください。

 

 

 

 

正座が良いですよ!

特に腰が痛い時などにオススメな座り方は

正座です! (床に直接座る時)

《あぐら・体育座り・斜め座り・ぺちゃんこ(女の子座り)はNG》

ただ、正座は長い時間してられないのが欠点…ですが、それを簡単な方法で少し解決できます!

誰もが経験したことがあると思いますが、正座しているとシビレたり足が痛くなったりしますよね?

それは足首が通常のつくりとは逆方向に曲げられることで、捻じれや引きのばされた状態になることで関節・筋肉に余計な負担が掛かり、血管を引っ張り・押し潰すことで血流が悪くなるからです。

《小指側・親指側・前側の順です》 *こちらの模型は右足

005 006 007

 

 

 

 

 

この足首の状態のままであげれば長時間でも座っていられます。

 

どのようにするか?

足首のところに丸めたバスタオル(厚みがある方が良い)やクッションなどを差し込んであげるだけです。

*ご自身の身体・足の大きさや足首の角度に合わせて少し厚みが高いかな?って思うくらいが良いと思います。

 

これで足首には負担が少なくなります。

《外側・後ろ側・実際使用時の体勢の順です》 *こちらは模型は右足

009 010 011

 

 

 

 

 

 

適度に腰・骨盤に適度に角度がつき自然な背骨のカーブが出来ることで良い姿勢も維持することができ腰に負担が掛かりにくくなります。

普段の姿勢維持のも最適です。

*この時、両足(足の甲)は重ねないでください。辛くなったらすこしポジションを変えてみたり、膝と膝の間を少し広げれるまた楽になります。

*膝や足首などにも痛みがある方は注意してください。

 

イスでの腰や骨盤に負担掛けない座りかた…←こちら

 

慢性腰痛・急性腰痛(ぎっくり腰)・脊柱管ヘルニア・脊柱管狭窄症などはもちろんこと、身体全体のことでお悩みの方はご相談ください!

ふじみ野市市沢 弁天の森 東原親水公園の近く

Healing & Care 市沢カイロプラクティック

きっと力になれると思います!

いろいろと足す前に

今、世の中には色々なモノで溢れていますが、身体や健康のことに関しても多種多様なのモノがありますね。

サプリメントをはじめ、一般的な食品・健康食品といわれるもの・栄養剤・医薬品(外品)なども凄まじい数が…。

身体のためにとさまざまなモノを取り入れたり、試したりとされてる方が多いと思います。

誰だって早く良くなりたいし現状をなんとしたいという気持ちからだと思います。(時にはキレイになりたい!とかも)

テレビなどでも「あれがいい・これがいい」「健康な人はこれを摂っている・やっている」「こんなお悩みにはこれが効く!」など、あちこちでやっていて情報が飛び交ってますから余計に気になるところだと思います。

実際、患者さんからも

「この前テレビであれやってたんだけど、どうかしら?」「あれは効くの?」「あの人(有名人の方)がやってるから効果あるの?」

「どれが一番いいの?」「あれやこれやとやってるんだけど効果がイマイチ」とか、色々と相談を受けます。

補うことは大切なことですが、時には身体に負担をかけてしまったり、無駄にしてしまったりしていまうこともありますので注意が必要です。

 

特にサプリメント(栄養補助食品)に頼り過ぎてしまっては良くありません。

あくまで栄養補助ですのでそれだけに頼るのも良くないです。

人によっては何種類のもを摂られてる方のいらっしゃいますが、

サプリメントなどの栄養補助食品は良いとされてる成分を抽出・凝縮してつくられているのですが、

本来その成分の効果が発揮できるのはその食品に含まれるそれ以外のさまざまな成分とともに相互作用で働くことによって効果が期待できるわけです。

また、どんなモノも最終的には肝臓にて分解されて、はじめて全身の各細胞へと運ばれます。

残念ながら取り入れたモノが効かせたいところにそのまま集中して届くわけでありません。

やはり大事なことは、必要な栄養素は野菜・果物・肉・魚などの食品から摂るよう心掛け、どうしても足らない時の補助としての摂ることをお薦めします。

色々と取り入れるのも悪くはないですが、

まずは、食生活をはじめ、生活習慣を見つめ直すこと、これが一番大事です!

時には無理に食べない方が…

体調が悪い時全般に言えることですが、

特に胃腸の調子(消化器系)が悪い時

(食べると気持ち悪くなる・胃が痛くなる・お腹が張ってしまう・下痢をする・重ダルくなる・何となく体調が悪い・病院に行っても特に問題ないと言われる・薬を飲んでも良くならない…など)

 

そんな時、どうでしょう?

 

「食べないと体力が落ちる・治りが遅くなるから食べる」

「薬を飲むから食べる」

「こんな時はこれが良い!」とされるモノをあえて摂る。

など、されてる方が多いように感じます。

 

そのような状態の時の身体は?

「今は消化・吸収できる状態じゃないからモノ入れないで」と言っている状態なのです。

 

では、ここで身体(内臓)に本当に必要なモノは何か?

それは、休息です!

それは万全な状態にするために修復する時間でもあります。

身体にとってみれば余計な仕事をしたくなんです。

では、どうすれば良いかは簡単なことですね。

食べなければいいのです。

食べないことで内臓器をしっかり休ませ、消化・吸収という仕事ではなく、修復という仕事に集中してもらえば良いのです。

(ただ、水分補給は適度にしる必要があります。)

それの方が何をするよりも一番効果的です。

(実際水分補給だけをしていれば1週間食べなくても身体は全然平気です。まして2~3日なら余裕です。)

 

身近にいる動物達はどうでしょうか?

体調が悪い時は、食べずにじっとしてますよね?

回復するまで待っているのです。身体に負担なく効果的なことを彼らは自然とわかっているのです。

私たちも同じです。同じ動物です。

自己回復力(治癒力)をちゃんと持っていますから発揮できる環境にいしてあげることが大切です。

 

たとえば、薬を飲んで食べること(薬を飲むから食べる)は

車でいえば、ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態と同じです。どちらが勝つか…

会社でいえば、無理やり働かせるブラック企業みたいなものですよ。

あとは、内臓がちゃんと働ける環境をつくってあげることも大切です。

 

市沢カイロプラクティックでは、身体全体を通しての身体づくりを提案しています。

 

Copyright (C) 2012 市沢カイロプラクティック. All Rights Reserved.
〒356-0057 ふじみ野市市沢2-8-17 フォレストパーク102 TEL.049-293-7909